バナー

ゴルフコースの時間について

腕前も上がって、いよいよゴルフ場へと行きますと、スタート時間が早いので、どんな天気であれ、朝早くから一組目がスタートを切ります。
それに従って、次々とその他のグループの人達が、後を追って行くことにります。



ゴルフ場のコースの中は芝の状態や、アップダウンがあったりハザードがあったりで、すんなりと思うようには、進んでいかないことが殆どですが、基本的には、どのコースもニ時間となっています。



従って、ニ時間を基本に、それぞれのコースが回れるだけの、各自の腕前が求められるのです。

それでないと、一日に何組かのスタートが可能であり、それを全部、夕方で暗くなる前には終えてしまわないと、それ以後になりますと、辺りが暗くなってしまってボールを打つことも、打たれたボールが何処へ飛んで行ったのかを、キャディさんが見とどけることが、出来なくなってしまいます。

コースを二つ回って一ラウンドなので、一つのコースを回ってからハウスに戻って、お昼の食事などをしてゆっくりと体を休め、また時間がくれば次のスタートへと向かいます。



状況の違いや、その人達の腕前のレベルによってもですが、雨が降っていたり夏の雷だったり、霧がかかっていて前方が見えなかったりと、天候が酷くて、進行自体が遅れてしまう要因が多々あります。


ゴルフ場はどんな天候であっても、スタート時間は守られ、進行の方も、極力各組に協力を呼びかけて、決められた範囲での使用をお願いしています。